メインイメージ画像

防犯対策での鍵の変更は扉や住人に適したものを選ぶべきです

防犯について強く意識していなくても自宅を空ける時や就寝する際に鍵をかける事は当たり前としています。鍵をかける行動とはその家に住んでいる者以外の侵入者を防ぐ為に行っていることです。しかし毎日当たり前のこととして鍵をかけるという行為をしていると鍵の安全性にまで気が回らなくなり、新たに防犯性の高いシリンダーに交換しようと考慮しなくなるものです。その穴に注目してくるのが空き巣という犯罪者なのです。

この事からその穴を事前に埋めておかなければ現金や貴重品が盗まれてしまう可能性もあるのです。では空き巣に入られないようにするためのシリンダー交換方法を説明します。

シリンダー交換するには工事をしなといけないので、まずは鍵の専門業者に連絡を取って見積などをしてもらい説明を受けたほうがいいでしょう。その家の扉の特徴に合致するように鍵の専門業者が防犯対策を実施してくれるので安心です。

扉の特徴とは各家庭の玄関の扉はドアノブが着いているタイプもあれば、引き戸のタイプもありいろんな特徴があるものです。さらに取り付けるシリンダーにもタイプがあって、テンキーの暗証番号を打ち込んで鍵を開けるタイプもあれば、内側に装着したシリンダーを取り外すことができるタイプも存在するのです。ゆえに自宅の事情も事前に鍵の専門業者に説明した方がいいです。

高齢者や学童はあまりにも凝った方式の鍵には困ってしまうので老若男女に対応し、さらに防犯にも強いシリンダーを選択するのが理想です。

反対の発想でいくと高齢の認知症患者がいる家庭はシリンダーを取り外せる場合や、暗証番号をいれなければ開くことが不可能なシリンダーを選択すると効果を発揮できます。

このように鍵を取り替えるということは安心した生活を守る為にかなり大事なので、今一度自宅の鍵をチェックして古いタイプのシリンダーではないか、または鍵穴や鍵自体が磨耗していないかなどをチェックした方が身の為です。出来る防犯対策はしっかりと行っておくべきです。